2012-01-14 08:30 | カテゴリ:テレビ
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
テレビの話などしましょうか。

最近はテレビCMでもフリーメイスンリーを意識したものが多いですね。
きゃりーぱみゅぱみゅとか非常に意識したPVみたいですね。
スズキの車の宣伝も非常に意識されているみたいです。ジャニーズは全体に意識が強いですね。

その他あまり気付く人は少ないかもしれませんが、住友林業のCMでもロゴが出る際に出る音がモーツァルトの魔笛の笛の音を意識されているようです。

年末も紅白やTV東京の歌番組などが強烈に意識したセットでしたが、
ダウンタウンのバラエティーも結構意識したもののようです。

フリーメイスンリーに関する知識はデザインやマスメディアの中では汎用されているのが実際なので色々知っていると様々な機会で気づかされる事があり、何かのきっかけになるかもしれませんね。

(追記2/21:高須クリニックのCMもヤキンとボアズの柱を意識してるみたいですね。まあ何なんでしょうか。)
2012-07-01 11:01 | カテゴリ:テレビ
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
久々に関係者に好評の様なテレビについての話題です。
ジャニーズ関係は白と黒のアピールを盛んにしていましたがどうもこれはやはりシンボルとして良く目立つので終わったようです。代わりにペプシのCMでアピールしていました。
ペプシも陰陽のシンボルであり、三色のシンボルとなっています。
pepsi.jpg
色々番組単位でのアピールが多いようですが、コンパスやソロモンといった題名の番組はテレビ東京に多いようです。後はお笑い番組系で細かくアピールが多いようですが、そもそも道徳や哲学と言った部分での教えを主体とするフリーメイスンリーに関して質の低いお笑い番組ではなかなか本質的に難しいかもしれません。いわゆるGHQの3S政策に則ったものとしての評価しかないのではないでしょうか。
CMでは圧倒的に減った印象ですね。トヨタの目を意識したCMも大金を広告代理店に献上する結果となったのではないでしょうか。スズキは白黒のアピールは終わったようですが、ヤキンとボアズの形となりました。恐らくライオンズクラブなのでしょうか。
デーブ・スペクター氏も非常に意識しているようです。ナイキ製のライオンズのユニフォームは面白いものです。恐らくナイキもライオンズクラブのシンボルからの派生なのでしょう。
201205291954_2.jpg
テリー伊藤氏も読売関係からでしょうか白黒のメガネで盛んにアピールしていますが、どうなのでしょうか。出身も築地と築地本願寺に近くスカイツリーも完成して間もないのでそういう盛り上がりもあるのでしょうが、どうでしょう。渡邉恒雄読売新聞会長と合わせてなかなか難しいものがあるかと思います。
読売グループに関してはジャイアンツのGや栄光の背番号3、東京ドームの貝殻の形などシンボリズムに関連したものが認められます。いろいろ試みられるのはまさにフリーメイスンリーの基本となる自由で良いのかと思われますが、本質的に道徳や哲学といった生き方を追求する教えであり、生き方でアピールされるのが良いのではないでしょうか。
2012-09-01 19:59 | カテゴリ:テレビ
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
まあほとんどの方が見られたと思うのですが、なかなかこのブログとも連動しているようでなかなか難しかったですね。
どうも私も見ていて連動していて大変だなあと思っていたのですが、ちょうどTR-3Bだかのところの後辺りから全然記憶が無く、寝てしまったのかわかりませんが、録画を置いてあるサイトで再確認して内容を確認して理解しました。
まあ以前にAll Seeing Eyeのところでモーゼの神との対話の翻訳を書いたと思うのですが、電磁波や電波での記憶操作や精神への働き掛けはともかく、強力な催眠術や洗脳技術などはどの時代にも変わらず太古より存在しており、そういうもののモチーフであると理解するのが良いのではないでしょうか。

さてまああれだけ明確にブログの反響的なものとあるとコメントしないわけにはいかないと思うので気になるところをロンドンオリンピックの回の形式で触れていきます。

まずオーストリアという事でしたが、前回が確かテキサスグランドロッジのフリーメイスンリー博物館であったかと記憶していますが、それがいわゆるワシントンのHouse of the Templeと対応するのかもしれませんが、オーストリアと言えばハプスブルク帝国という事で、薔薇の象徴の回で少し触れましたが、薔薇と言えばイギリスの貴族の象徴が有名でありますが、対抗してかオーストリアやフランスでもその後盛んに栽培されたという歴史があり、フランス革命やその後のドイツの啓蒙活動でも英国の存在が常にあり、まあ対応するものとしてイングランドグランドロッジという事になるのかと思います。まあなんというかフリーメイスンリーというシステムの中でのグランドロッジ間やロッジ間での友愛を維持した上での結束を固めあう競い合いというものが現れているものかと思います。こういう結束を固めて競い合うという象徴が左官屋さんで良く使う「鏝」の象徴というものとなります。
453trowel.jpg
さてではやりすぎコージーの本編の内容について触れていきます。中国のサーバーで見られるサイトがありましたのでリンクしておきます。
今回は直接フリーメイスンリーの会員が出ていませんでしたがそれもまた色々あるのかと思いますが、フクロウの象徴についてイルミナティと関連して触れていましたが、これははっきり言うと良くわかりません。
イルミナティ自体はウィキペディアにもあるとおり会員のほとんどがフリーメイスンであった組織であるようで、その理念や設立の時期などからも恐らくフリーメイスンリー内の多段階位団体であるスコティッシュライトの活動に引き継がれているものと考えられるのでしょうか。フクロウの象徴については恵比寿ガーデンプレイスの回で触れましたが、知恵の象徴として古くから好まれているシンボルで、英語綴りのowlとfreemasonなどで検索すると陰謀論のページにたくさんあたり、あまりフリーメイスンリーとの直接的な関わりはネット検索では出てきませんが、確か関連する友愛団体のシンボルであったり(Order of Owlsというようで、phoenixmasonryにありました。)、イングランドグランドロッジの略称であるUGLEが北欧の言葉でフクロウを意味する単語であったりと、関連はあるようです。
ワシントンD.C.の議会の周りの形や、新宿のモード学園のビル、六本木ヒルズの形、国会議事堂を上から見た形など関連があるのかもしれませんが、直接イルミナティのシンボルであるというのは知りません。恐らく関連があるのかと思いますが、いずれにしてもいずれもそれぞれ別個のシンボルとしてほぼこのブログで取り上げてきたものの関連かと思いますので、前述の鏝ではないですが、様々な絡みかと思います。
ユダヤ教の象徴としての13という数字でしたがこれも良くわかりません。まあこの辺は諸説あるという事にして、いずれにしても11という数字の象徴について触れた内容と関連しているものかと思いますので、それぞれお見知りおき下さい。テレビとネットのメディアとしての効果の比較など様々な内容が絡むものかと思われます。14がイルミナティの象徴との事でしたが、ネットで調べたところ、ボカシがかかっていた美術館はウィーンの分離派会館という主にグスタフ・クリムトの作品をおいた美術館のようです。クリムトがフリーメイスンかどうかはわかりませんが、このブログでも多くの芸術家について触れてきたのでその関連もあるのかと思います。ツタンカーメン展じゃないですが、旅行の勧めもあるのかと思われます。14についてはスコティッシュライトで考えると14階級の象徴がYODというYHWHの頭文字のヘブライ語を入れた指輪であり、その関連かもしれません。13についてはやはり13日の金曜日でキリストが磔にされた日であり、一方ではアメリカ独立13州の数字でもあり、このブログのヘッダーにも使いましたが、13階段のピラミッドはドル札で有名でありそれもかぶるようです。前者のそういうキリスト教にとっての反キリストという意味でのユダヤ教というシンボルの意味なのではないかと思われました。独立13州でユダヤ教というのはドル札の象徴を介した陰謀論的変換であり、なかなか陰謀論の罠に引っ掛けようというところのようでもあります。またフクロウがヒエログリフの一つであり、Mの文字の元になったという事でしたが、それらとのシンボリズムとの関連はこれまであまり意識していません。3Mなどもその関連かもしれませんが、このブログのこれまでの文字のシンボリズムを補完する意味での内容であったのかもしれません。フリーメイスンリー全体で見るとMのシンボリズムはそれほど重要ではなさそうです。そもそもフクロウはエジプトのシンボリズムというよりも北欧を中心とした森の文化のようです。
20.7.20-2 03820.7.20-2 04020.7.20-2 041
これらの写真を無断で転載した元のブログ(非常に申し訳ありません。問題あれば連絡ください。)を見ると、ブルックナーやブラームス、モーツァルト、ヨハンシュトラウス2世、シューベルト、ベートーヴェン、ゲーテなど皆フリーメイスンかその関連ですので、恐らく町じゅうフリーメイスンリー関連の町なのだと思います。いずれ私も訪問したいものかと思います。
分離派会館がイルミナティと関係あるのかはわかりませんが、フリーメイスンリーとは関係ありそうですし、スコティッシュライトと関係しているのではないかと推測されます。
後はニコラ・テスラの話でしたが、この方がフリーメイスンであるかどうかは知りません。ただ言われていたように多くの技術が様々な技術として応用されていたことは確かだと思いますし、11の関連のところで挙げた1.17の阪神大震災や3.11の東北大震災などやまた本日9.1は関東大震災の日ですが、それら地震大国日本の大災害である地震とも関連のある技術と関わっている事もあるようです。いずれにしても現代科学の深奥は過去の時代における魔術や神秘のようにいつの時代においても変わらぬ一般の人間において想像もできないほどのものがある事は変わらないようで、それらがまた情報技術としてもこのようにインターネットやテレビメディアとの様々な競演があり続けるという事なのかと思われます。

さてさてまあ結論としては誰がこの番組のネタを出しているのかは知りませんが、ライオンズかロータリークラブの関係者かメイスンがいるのかもしれませんが、前回まではロッジを見せていたので、今回はそれが無く、教会など見せていたのでちょっと毎回関係者は違うのかもしれません。いずれにしてもまあそういう話もあって、世界にはいくらでもそういう都市があり、ヨーロッパはそういう都市が数多くあり、それぞれの都市や地域で複雑な歴史があり、フリーメイスンリーが関係している事も関係していない事もあるという、まあなんだかよくわかりませんが、色々テレビ放送が絡むとすぐお金の話が絡んできますので、ややこしい話のものだという事で、このブログもまああまりやり過ぎてはいけないという事でオチがつくものかと思います。
2013-02-19 21:22 | カテゴリ:テレビ
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
前回に引き続いてテレビ番組の話題です。
実は最近テレビ番組がつまらないと思うことしきりな訳ですが、唯一10年以上大体欠かさず見ている番組が今回の題名の番組です。
まあ視聴率なんかからもほぼそういう人が日本でも一番多いのかと思いますが、もともとイギリスの鑑定番組があったという事で、これまで見てきて一度もフリーメイスンリー関連のアンティークが出た事は見たことないわけですが、まあそういうわけでそもそもフリーメイスンリー関連の番組ではないかという事で、私自身数多くフリーメイスンリー関連のアンティークを収集していますので、それらをまとめて番組に鑑定依頼を出してみました。果たしてどうなるでしょうか。反応が無ければ没です。
IMG_5065.jpgIMG_5066.jpgIMG_5064.jpgIMG_5062.jpg
IMG_5067.jpgIMG_5068.jpgIMG_5071.jpgIMG_5070.jpg
IMG_5072.jpgIMG_5073.jpg
IMG_5078.jpgIMG_5076.jpgIMG_5077.jpgIMG_5074.jpg
(スポンサーが高須クリニックのようです。まあ鑑定してもらってもメリットは無いのでなかなかどうでしょうか。追記:ブログ作成後地震があったようです。そういえば3.11の地震の後にDudley type1の最も良い18金のものが落下して心棒が折れるなどありました。なかなかいわくつきのフリーメイスンリー関連コレクションですが、ちょっと応募に付け加えるのを忘れていました。)
2013-04-07 08:54 | カテゴリ:テレビ
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
大好評企画のテレビについて第3弾です。

大好評企画ではありますが、内容的には適当です。
住友林業のピロピロリ~ンという魔笛の笛の音階と同じのが戻りましたね。あれは良いです。
三菱地所のセントポール大聖堂は終わってしまいましたね。
スズキが33を強調していたものをやっていましたがすぐに終わってしまいました。スコティッシュライトは厳しいですね。
きゃりーぱみゅぱみゅは東京タワーでイベントをやっていたようですがその後どうでしょうか。
その他アベノミクスなどもあり全体にシンボリズムは低調な感じでしょうか。
モーツァルトの音楽を多用したのがありますが、良いと思います。

有澤玲さんの出演していたフリーメイスンリー特集後は番組としては低調のようです。ライオンや歯車を強調した番組は多く認められますが、このブログの内容を越えたものも無いようです。

住友林業のCMのホームページを置きます。スズキのCMのホームページも置いておきます。


前半に少しシンボリズムが認められたのでしょうかね。
ついでにフリーメイスンとなった高須クリニックのブラザー高須のCMも参考に置いておきます。どうなんでしょう?

まあどうも映像的にはロスト・シンボルの映画化が最大の話題なんでしょうが、全く聞こえてきませんね。こういうのもフリーメイスンリーの日常のような感じでしょうか。
2013-05-07 09:29 | カテゴリ:テレビ
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
まあ単独のテーマでブログを書いてしまうほど書き易いネタが無くなったという事な訳ですが、英語の翻訳や読書ばかりというのもあれなので、テレビ関連の簡単なネタという事で頑張っているきゃりーぱみゅぱみゅ、プロデューサーの中田ヤスタカ氏とその周辺が特に頑張っているのでしょうが、どうも聞くところによるときゃりーぱみゅぱみゅさんのご両親が創価学会とかそういう話もあるらしいですが、まあ友愛ロッジのメンバーなんかも芸能関係者も多数認められるようですし、その新しいプロモーションビデオがなかなかまたシンボルが認められていたので書きます。

パーフェクトアシュラーな訳ですがまあシンボル一つ一つでPV一つ一つ作っていけば何とかブログじゃないですがネタがもつ感じでしょうかね。
YouTubeといえばテレビCMもやったりしていましたが、このブログでもモーツァルト作品を始めとして多数リンクをさせてもらっているわけですが、どうもオペラ関連は著作権関連でこのブログに載せると消去される傾向があるようです。英語字幕であった皇帝ティトの慈悲が消えてしまったのはなかなか悲しい感じでしょうか。
その他テレビCMではモード学園のCMが螺旋階段と白黒の床でアピールしていましたがどうなんでしょう。

フリーメイスンリーのシンボリズムが日本のマスメディアに増えることは良いことだと思われます。商業主義ではなくシンボリズムの考証が最も大事になるわけですが、シンボリズムを実践する事がまた直接的にそれらを考証する事にも繋がるかと思われます。主にヨーロッパでは19世紀から20世紀初頭にかけてのムーブメントであったいわゆる象徴主義とも言われるシンボリズムを積極的に導入したメディア(実際の象徴主義とは若干異なります。)表現が日本で一つのムーブメントとなって行くのは流行の循環とも取れますし単純な進歩とも取れますし様々な健全な取り組みの一つといえるのではないでしょうか。
2013-10-20 10:08 | カテゴリ:テレビ
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
最近テレビの話題も少なかったので久々にテレビCMの話です。
少し前は驚くほど連発していたフリーメイスンリーのシンボルが認められた日本のテレビCMでしたが、最近は圧倒的に減ったものかと思われます。その中で頑張ったものがあったのでとりあげます。

AKB48を卒業した篠田麻里子さんが演じているヨドコウ物置のCMなのですが、このバージョンは3の強調だけなわけですが、この後の現在流れているものが3の強調とパーフェクトアシュラーを出していてなかなかすごいですねえ。パーフェクトアシュラーはなかなか認めがたいシンボルでありかなり気合が入っているのが感じられます。

魔笛のようですねえ。横須賀でもせっかくあれだけ格調高い魔笛の公演があったのに、わけの分からない幼児に見せたり、席が空いていたりと悲惨な状況であったと思います。台風と関係があるとは思えませんが、その後の台風の連発とイベントの悪天候はなんだか関連を疑いたくなります。是非蝶々夫人と魔笛を毎年格調高く盛大に演じられるような文化都市となってほしいものです。
(2013/11/6追記:ヨドコウの音がヨドYodhיYHWHיהוהの最初の文字と同じなのですね。もちろん淀川のヨドでしょうが。そう考えると淀君もシンボリズムを含んだ名前であり、その人を秀吉が側室として唯一の嫡子を産ませ、大阪の陣に繋がるのも必然でしょうか。)
2015-09-22 20:41 | カテゴリ:テレビ
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
sekiel_good3.jpg
2016-09-11 07:42 | カテゴリ:テレビ
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
92106f09.jpg