2020-09-15 10:56 | カテゴリ:芭蕉俳句
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
かぴたんも つくばはせけり 君が春

白魚や 黒き目を明ク 法の網
奈良七重 七堂伽藍 八重ざくら
京は 九万九千くんじゆの 花見哉
阿蘭陀も 花に来にけり 馬に鞍
日の道や 葵傾く さ月あめ
鳩の声 身に入わたる 岩戸哉
いなづまや 闇の方行 五位の声
此寺は 庭一盃の ばせを哉
月影や 四門四宗も 只一
月さびよ 明智が妻の 咄しせん
菊の花 咲や石屋の 石の間
折々に 伊吹をみては 冬ごもり
星崎の 闇を見よとや 啼千鳥
月白き 師走は子路が 寝覚哉