2015-08-02 08:39 | カテゴリ:第3のY
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
あざみ咲く バラの葉落ちぬ 夏の海
azami.jpgthumb2_ba232ad9977060bd9c646a15d68e3b5f.jpgyoshihama03.jpg

2015-08-06 09:17 | カテゴリ:その他 雑記
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
新共同訳聖書からの「復讐」で検索した文を転載します。8月6日のこの日に参考としてください。

創世記/ 04章 15節
主はカインに言われた。「いや、それゆえカインを殺す者は、だれであれ七倍の復讐を受けるであろう。」主はカインに出会う者がだれも彼を撃つことのないように、カインにしるしを付けられた。

創世記/ 04章 24節
カインのための復讐が七倍なら/レメクのためには七十七倍。」

レビ記/ 19章 18節
復讐してはならない。民の人々に恨みを抱いてはならない。自分自身を愛するように隣人を愛しなさい。わたしは主である。

民数記/ 35章 12節
町は、復讐する者からの逃れのために、あなたたちに用いられるであろう。人を殺した者が共同体の前に立って裁きを受ける前に、殺されることのないためである。

民数記/ 35章 19節
血の復讐をする者は、自分でその殺害者を殺すことができる。彼と出会うとき、自分で殺すことができる。

民数記/ 35章 21節
または、敵意を抱いて殴りつけて、人を死なせた場合、手出しをした者は必ず死刑に処せられる。彼は殺害者である。血の復讐をする者は、その殺害者に出会うとき殺すことができる。

民数記/ 35章 24節
共同体はこれらの判例に基づいて、殺した当人と血の復讐をする者との間を裁かなければならない。

民数記/ 35章 25節
すなわち、共同体は、人を殺してしまった者を血の復讐をする者の手から救い出し、共同体が、彼の逃げ込んだ逃れの町に彼を帰さなければならない。彼は聖なる油を注がれた大祭司が死ぬまで、そこにとどまらねばならない。

民数記/ 35章 27節
血の復讐をする者が逃れの町の境の外でこれと出会い、血の復讐をする者が、人を殺した者を殺したとしても、彼には血を流した罪はない。

申命記/ 19章 06節
復讐する者が激昂して人を殺した者を追跡し、道のりが遠すぎるために、追いついて彼を打ち殺すことはあってはならない。その人は、積年の恨みによって殺したのではないから、殺される理由はない。

申命記/ 19章 12節
その犯人を出した町の長老たちは、人を遣わして彼を捕らえ、復讐する者の手に引き渡して殺させねばならない。

ヨシュア記/ 20章 03節
意図してでなく、過って人を殺した者がそこに逃げ込めるようにしなさい。そこは、血の復讐をする者からの逃れの場所になる。

ヨシュア記/ 20章 05節
たとえ血の復讐をする者が追って来ても、殺害者を引き渡してはならない。彼がその隣人を殺したのは意図的なものではなく、以前からの恨みによるものでもなかったからである。

ヨシュア記/ 20章 09節
以上は、すべてのイスラエルの人々および彼らのもとに寄留する者のために設けられた町であり、過って人を殺した者がだれでも逃げ込み、共同体の前に立つ前に血の復讐をする者の手にかかって死ぬことがないようにしたのである。

士師記/ 11章 36節
彼女は言った。「父上。あなたは主の御前で口を開かれました。どうか、わたしを、その口でおっしゃったとおりにしてください。主はあなたに、あなたの敵アンモン人に対して復讐させてくださったのですから。」

士師記/ 16章 28節
サムソンは主に祈って言った。「わたしの神なる主よ。わたしを思い起こしてください。神よ、今一度だけわたしに力を与え、ペリシテ人に対してわたしの二つの目の復讐を一気にさせてください。」

サムエル記上/ 25章 31節
いわれもなく血を流したり、御自分の手で復讐なさったことなどが、つまずきや、お心の責めとなりませんように。主があなたをお恵みになるときには、はしためを思い出してください。」

サムエル記上/ 25章 33節
あなたの判断はたたえられ、あなたもたたえられよ。わたしが流血の罪を犯し、自分の手で復讐することを止めてくれた。

サムエル記下/ 14章 11節
彼女は言った。「王様、どうかあなたの神、主に心をお留めください。血の復讐をする者が殺戮を繰り返すことのありませんように。彼らがわたしの息子を断ち滅ぼしてしまいませんように。」王は答えた。「主は生きておられる。お前の息子の髪の毛一本たりとも地に落ちることはない。」

列王記下/ 09章 07節
あなたはあなたの主君アハブの家を撃たねばならない。こうしてわたしはイゼベルの手にかかったわたしの僕たち、預言者たちの血、すべての主の僕たちの血の復讐をする。

エステル記/ 08章 13節
この文書の写しはどの州でもすべての民族に国の定めとして公示され、ユダヤ人は敵に復讐するためその日に備えるようになった。

エレミヤ書/ 11章 20節
万軍の主よ/人のはらわたと心を究め/正義をもって裁かれる主よ。わたしに見させてください/あなたが彼らに復讐されるのを。わたしは訴えをあなたに打ち明け/お任せします。

エレミヤ書/ 15章 15節
あなたはご存じのはずです。主よ、わたしを思い起こし、わたしを顧み/わたしを迫害する者に復讐してください。いつまでも怒りを抑えて/わたしが取り去られるようなことが/ないようにしてください。わたしがあなたのゆえに/辱めに耐えているのを知ってください。

エレミヤ書/ 20章 10節
わたしには聞こえています/多くの人の非難が。「恐怖が四方から迫る」と彼らは言う。「共に彼を弾劾しよう」と。わたしの味方だった者も皆/わたしがつまずくのを待ち構えている。「彼は惑わされて/我々は勝つことができる。彼に復讐してやろう」と。

エレミヤ書/ 20章 12節
万軍の主よ/正義をもって人のはらわたと心を究め/見抜かれる方よ。わたしに見させてください/あなたが彼らに復讐されるのを。わたしの訴えをあなたに打ち明け/お任せします。

エレミヤ書/ 50章 15節
バビロンを囲んで鬨の声をあげよ。彼らは降伏した。砦は倒れ、城壁は破壊された。これこそ主の復讐だ。バビロンに復讐せよ。バビロンがしたとおりにしてやるがよい。

エレミヤ書/ 50章 28節
バビロンの国を逃れ/脱出した人々の声がする。彼らはシオンで我々の神、主の復讐を告げる/主の神殿の復讐を。

エレミヤ書/ 51章 06節
お前たちはバビロンの中から逃げ/おのおの自分の命を救え。バビロンの悪のゆえに滅びるな。今こそ、主が復讐される時/主はバビロンに仇を返される。

エレミヤ書/ 51章 11節
矢を研ぎ澄まし、盾を用意せよ。主はメディアの王たちの霊を奮い起こさせる。バビロンに対する主の定めは滅ぼすこと。これこそ主の復讐/主の神殿の復讐だ。

エゼキエル書/ 24章 08節
わたしは復讐のため憤りをかき立て/彼女の血を裸の岩の上に流し/それが覆われないようにした。

エゼキエル書/ 25章 12節
主なる神はこう言われる。「エドムはユダの家に復讐をした。彼らはその復讐によって、大いに罪を犯した。

エゼキエル書/ 25章 14節
わたしは、わが民イスラエルによってエドムに復讐する。彼らは、わたしの怒りと憤りのままにエドムに対して行う。そのとき、彼らはわたしの復讐を知るようになる」と主なる神は言われる。

エゼキエル書/ 25章 15節
主なる神はこう言われる。「ペリシテ人は復讐し、嘲りの思いをもって大いに仇を報い、昔からの憎しみにかられて滅ぼそうとした。

エゼキエル書/ 25章 17節
わたしは、彼らを憤りをもって懲らしめ、大いに復讐する。わたしが彼らに仇を報いるとき、彼らはわたしが主であることを知るようになる。」

ヨエル書/ 04章 04節
ティルスとシドンよ、ペリシテの全土よ/お前たちはわたしにとって何であろうか/わたしに復讐しようというのか。もし、お前たちがわたしに復讐するなら/わたしは直ちにお前たちの頭上に復讐を返す。

ヨエル書/ 04章 07節
見よ、お前たちが彼らを売ったその所から/わたしは彼らを呼び戻し/お前たちの頭上に復讐を返す。

ヨエル書/ 04章 21節
わたしは彼らが流した血の復讐をする。必ず復讐せずにはおかない。主はシオンに住まわれる。

ミカ書/ 05章 14節
また、怒りと憤りをもって/聞き従わない国々に復讐を行う。

ローマの信徒への手紙/ 12章 19節
愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります。

ヘブライ人への手紙/ 10章 30節
「復讐はわたしのすること、/わたしが報復する」と言い、また、/「主はその民を裁かれる」と言われた方を、わたしたちは知っています。

ヨハネの黙示録/ 06章 10節
彼らは大声でこう叫んだ。「真実で聖なる主よ、いつまで裁きを行わず、地に住む者にわたしたちの血の復讐をなさらないのですか。」

ヨハネの黙示録/ 19章 02節
その裁きは真実で正しいからである。みだらな行いで/地上を堕落させたあの大淫婦を裁き、/御自分の僕たちの流した血の復讐を、/彼女になさったからである。」

マカバイ記一/ 02章 67節
お前たちは、律法を実践する者全員を集め、民のために徹底的に復讐することを忘れるな。

マカバイ記一/ 03章 15節
彼は出陣した。彼を助けてイスラエルの子らに復讐をしようとする不敬虔な者どもの強力な群れがこれに加わった。

マカバイ記一/ 07章 09節
王は彼と不敬虔なアルキモスを派遣し、アルキモスには大祭司の職を与え、イスラエルの子らに復讐せよと命じた。

マカバイ記一/ 07章 24節
周辺のユダヤ領土全域に出撃して、敵側に寝返った男たちに復讐し、彼らが地方に出没するのを阻止した。

マカバイ記一/ 07章 38節
この男とその軍勢に復讐してください。彼らを剣で倒してください。彼らの数々の冒涜を忘れず、彼らを生き永らえさせないでください。」

マカバイ記一/ 09章 26節
彼らはユダの友人たちを徹底的に捜し出し、バキデスのところへ連れて来た。バキデスは彼らに復讐し、嘲笑した。

マカバイ記一/ 09章 42節
このようにして兄弟の血に対する復讐が成し遂げられたのである。彼らはヨルダンの沼地へと戻って行った。

マカバイ記一/ 13章 06節
すべての異邦人が敵意をもって我々を壊滅に追い込もうと集まっている。この際わたしは、わが民族、わが聖所、諸君の妻子のために復讐を誓う。」

シラ書〔集会の書〕/ 05章 03節
「だれもわたしを支配できない」と言うな。主は必ずお前に復讐なさるだろう。

シラ書〔集会の書〕/ 25章 14節
あらゆる災いの中で、/わたしを憎む者から受ける災いほど、/また、あらゆる復讐の中で、/敵から受ける復讐ほどひどいものはない。

シラ書〔集会の書〕/ 27章 28節
傲慢な者は他人を軽蔑し非難するが、/復讐が獅子のように待ち伏せる。

シラ書〔集会の書〕/ 28章 01節
復讐する者は、主から復讐を受ける。主はその罪を決して忘れることはない。

エズラ記(ラテン語)/ 01章 32節
わたしは、わが僕、預言者たちを、お前たちのもとに遣わしたが、お前たちは彼らを迎えて殺し、その体を切り刻んだ。わたしは彼らの血について復讐する。」これは主の言葉。

夏の朝 イエズスの知恵 この胸に止めん
2015-08-25 21:10 | カテゴリ:アメリカ
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
スコティッシュライトの33階級のブラザーが集まっている動画がフェイスブックに出ていましたのでリンクします。
(追記:リンクが切れています。まあやはりSNSは私的な空間ということで公開動画ではなかったということのようです。フリーメイスンリーですね。残念でした。この記事も削除してもいいのですが記念に残しておきます。)
陰謀論的には世界を操る33階級ということになるのでしょうが、通常のフリーメイスンリー的には各国のベテランブラザーということになるのでしょうか。日本だとブラザーJames L. Johnstonが最後にいますね。このブログでも以前にも出てきましたがわかるでしょうか?

ブラザー林董の生涯を書いたFar East Lodge No.1のホームページの英文を書いたPast Grand Masterですね。
ブラザーだと大体わかる、グランドロッジでのインストレーションで大体いる人です。私もブラザーライカーのモーツァルトコンサートで握手した思い出があります。

まあなんだかそういうのがアメリカにあるということでどうでしょうか?
2015-08-29 11:04 | カテゴリ:静岡
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
2015-08-29 12:43 | カテゴリ:静岡
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
2015-08-30 17:31 | カテゴリ:静岡
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
2015-08-31 08:48 | カテゴリ:静岡
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
2015-08-31 10:31 | カテゴリ:静岡
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
2015-08-31 11:50 | カテゴリ:スコットランド
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー