2012-05-11 07:05 | カテゴリ:その他 雑記
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
まあコーヒーハウスでフリーメイスンリーも始まったので、コーヒーについてコメントします。
コーヒーの習慣自体はエチオピアとかそれこそ旧約聖書の世界あたりが起源のようですが、いずれにしても1717年のフリーメイスンリーの連合ロッジが発足したときにはイギリスのロンドンで嗜好品として飲まれていたようです。現在ではイギリスでは紅茶を飲む習慣が主流のようですが、これは以前に挙げましたがボストン茶会事件以来アメリカではコーヒーが主流となったとされているようです。
私も横須賀に来て以来良くコーヒーを飲むようになりましたが、コーヒーもやはり炒りたての豆を購入して自宅で挽いて飲むのがおいしいようです。現在までのところインターネットで直販で購入するのが一番香り豊かな豆を手に入れられるようです。エスプレッソマシーンも基本的なものはそれほど高くないので、エスプレッソの入れ方で飲むのもやはり味わいが一層深いです。エスプレッソの方法はフランス革命時の大陸封鎖令でコーヒー豆が不足したときに考え出された方法のようです。
発癌や胃潰瘍との関連も多く示唆されるところですが、今のところ学会などでは主流は飲めば飲むほど健康に良いというスタンスのようです。まあ混ざりものが少なければそうかもしれませんね。

私は今はとりあえずスーパーで粉にひいたものをぜいたくに使って水出しコーヒーを作って水筒に入れております。これが一番安価で簡単でおいしいようです。
それでもやはりコカコーラの缶コーヒーも時には飲みます。
Bar GandGGoose and Gridironnight_hogarth.jpgUnited Grand Lodge PlateCoffee Beans

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/123-323355ae