2012-08-03 07:32 | カテゴリ:横須賀
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
このブログも市章の話やそれと関連した外国人との接点の歴史やそれらと市や地域の発展や民主主義などの文明化などの話を一つのテーマとした流れとしているわけですが、最近テレビでは少し聞かなくなりましたが、大阪市役所などの話が地方自治では最近話題でした。大阪市の市章も非常に特徴的ないわゆるΧΡの形でしたが、そもそもこのブログで最初に取り上げた横須賀市の市章は北極星とコンパスと星が組み合わさったもので、かなり良くできたフリーメイスンリーのシンボルを入れたものと言う事でしたが、実際の市役所や市の様子はどのようなものかは市外の人からもこのブログからも色々伝わっているものかと思います。
で、説明が回りくどくなったわけですが、横須賀市は市役所の前の公園にも特徴的なオブジェがあります。
IMG_1825.jpgIMG_1826.jpg
まあ要するにラフアシュラーなわけですね。三笠公園やヴェルニー公園などフリーメイスンリーのシンボルが入れ込んである公園が多くあるわけですが、どうも市役所が主体的にフリーメイスンリーに関わっているわけではない事を示しているのかと思います。まあ要するにロータリークラブやライオンズクラブ、米軍を主体とするフリーメイスンリーなわけですね。実際の日本の民主主義や理想の町づくりと言ったものは、日本政府の動きを見るまでも無くまだまだほとんどがラフアシュラーの段階という事なのかと思われます。

ちなみに今週は横須賀は開国祭という事で様々なイベントをこの公園周辺で行っています。8月4日には今年二度目のフレンドシップデーと言う事で基地開放で屋台でお肉を食べさせてくれるようです。空母ではなくイージス艦を見学させてくれるようです。再び三笠公園口からの入場で、セキュリティーチェックはありますので身分証が必要でしょうか。夕方には花火もあるようです。興味があれば来られたらよいかと思います。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/153-d68209f6