2021-07-12 16:02 | カテゴリ:日本
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
さながら老い木に花が咲くごとく。
年々去来の花を忘れぬことだ。
強くたけだけしい芸をする時には、やわらかな心を忘れてはならない。
秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず。
因果の花を知ること、すなわち極意である。
ただ時の用に足りるもの、それを花と知るべきである。
「家はただ続くから家なのではない。継ぐべきものがあるゆえ家なのだ。人もそこに生まれただけでそこの人とはいえぬ。その家が守るべきものを知る者のみ、その家の人といえるのだ」

世阿弥 風姿花伝
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/1619-ad10b04f