2012-07-03 22:24 | カテゴリ:東京
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
以前にお台場のフリーメイスンリーのシンボルについてこのブログでも触れたのですが、天気の悪い日で自由の女神周辺のものと漠然とした大きなシンボルについて触れただけであったので、今回はもう少し詳しく触れます。
まずお台場のシンボルでポイントになるのはゲート、門の形をしたシンボルとなる建物かと思われます。最近になってレインボーブリッジに対応してゲートブリッジというのも出来て、さらにその傾向が顕著になっているかと思われます。
門のフリーメイスンリーの象徴としては三笠公園のものやアメリカのセントルイスにあるゲートウェイアーチの様な虹を象徴としたアーチの門としての形と、いわゆるローマ建築の凱旋門を模した形の、パリの凱旋門のアーチがあります。お台場の門の形の建物、ビルは基本的に後者の形に近くなるわけですが、もちろん日本でそれらの形にこだわるのは結局神社の鳥居の象徴としての反映かと思われます。基本的に日本の建物は木造であり、五重塔や寺社の山門などに認められるように、木造の組み上げで高い建物を作り、それによって神様の存在を高めるまたは人間の存在を低める、そういう効果があるかと思われ、それがすなわち神社の鳥居の効果の最大のものかと思われます。いわゆる神の存在に近づくというピラミッドやオベリスクの象徴としての意味とは根本的に異なるものかと思われます。また凱旋門や虹のアーチなどの意味とももちろん聖域と人域の境界としての鳥居などの意味もまた似たようなものでありながらやはり異なるかと思われます。単純に形が似ているという事でこれらの門の形はフリーメイスンリーのシンボルとしてお台場には認められますが、厳密に鳥居と聖書の虹やローマの凱旋門の形は異なる事は理解されるかと思われます。なかなか東京の再開発の中心という事で極めて日本的な象徴の表現となっているかと思われます。結局鳥居というのはシンボリズムからいうと実際には実用的な門としての機能を兼ね備えていて、また本当に象徴化されているのは実際は神域という空間なのかと思われます。そういう意味で再開発の地帯を神域として象徴化するという事、その事が果たしてフリーメイスンリーのシンボリズムととらえられるのかというと、白黒のチェッカーで表現される空間や、教会やロッジ、ソロモン宮殿の空間などと同じくとらえられるかと思われます。実際には鳥居は神域という事で伊勢神宮や普通の神社にしても神域は豊かな自然や水源など自然遺産とも呼べるものを意味しているかと思われ、それに対応するのが東京湾の再開発地域で対応するのかというとなかなか難しいものがあり、そういう意味でいわゆる欧米のエジプト文明や砂漠の中や荒地の中での文明という存在を知恵として象徴したいわゆるフリーメイスンリーのシンボルと、日本の伝統宗教である神道を中心としたフリーメイスンリーの考え方が高い次元でも一致しているかというとなかなか厳しいものがあり、それはやはりずれたピラミッドで象徴される東西の邂逅になるのかと思われます。そういう意味でやはり江戸城を守る意味で建設されたお台場という土地の意味、地名はシンボルとしてずれたピラミッドと同様の意味を成すのかと思われます。
さてでは実際の写真を見ていきましょう。
IMG_1748.jpgIMG_1749.jpgIMG_1750.jpgIMG_1751.jpgIMG_1752.jpgIMG_1753.jpg
いわゆるシュッとしたシンボルでしょうか。フランスから贈られた自由の炎というそうです。やはり自由の女神と一緒でシンボルとしてしっかりした印象を与えます。そこを中心としてテレコムセンターへ向かって東京タワーとレインボーブリッジを繋ぎ、自由の女神を経由して一直線になっています。周囲の照明などいくつか規則的な数の配置がありますが、あまり意味を与えていないようです。美神の門と言った彫刻もあり、門の形に意味を付けているといったオブジェがあります。テレコムセンターの光ファイバーの中継と言った実際の役割などからも、三笠公園のアーチのオブジェの意味づけとやはり同様の意味が与えられているのではないかと思われます。恐らく建築時期がかなり近いので相互にやり取りがあったかと思われます。最後の写真はトイレであり、三浦海岸のずれたピラミッドのトイレもありましたが、お台場ではソロモン宮殿の形のようです。コカコーラの自販機のグランドロッジの形を模したものもあり、微妙なシンボリズムです。
IMG_1754.jpgIMG_1755.jpgIMG_1756.jpgIMG_1757.jpgIMG_1758.jpgIMG_1759.jpg
ちょうどガンダムがシンボルとして置かれていました。ガンダムもジオン軍やボール(All Seeing Eyeの形)、赤青白の三色、Gを強調、3を強調、アムロ=レイ、ブライト=ノアの名前など数々のシンボリズムに彩られた大ヒットアニメですが、実物大として作成され新たなシンボルとされています。角のようなシンボルがコンパスを形どっていました。少し歩くと明らかに門の形を象徴したオブジェがあります。お台場のシンボルとして有名な観覧車もあります。さらに行くと再び門の形のビルが見えてきます。東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾートというそうで2008年に出来たそうです。周辺には以前も触れましたが2本でセットのマンションのビルが多く認められ、ヤキンとボアズの象徴、ツインタワーとして二本、日本の象徴としての意味がかかっているかと思われます。
IMG_1760.jpgIMG_1761.jpgIMG_1762.jpgIMG_1763.jpgIMG_1764.jpg
周辺にも色々シンボルの形があるようですが、橋があってそこからゲートブリッジがちょっと見えたかと思います。橋の周りも照明の数や床の模様などシンボルや若干意味づけが与えられているような感じですが、あまりはっきりしているわけではなさそうです。若干モザイク様で、虹の形なのでしょうか。主に偶数で3の強調の様なものはなかったかと思います。
IMG_1765.jpgIMG_1766.jpgIMG_1767.jpgIMG_1768.jpgIMG_1769.jpgIMG_1770.jpg
ほぼこのプロムナードの全体図でシンボルの説明になるかと思うのですが、要するにタウ十字と逆さのラテン十字の組み合わせなのですね。橋のところで対比になっているわけです。タウ十字がフリーメイスンリーを象徴していて、ラテン十字の側がキリスト教などの宗教を意味しているのではないでしょうか。全体としてタウ十字を示しているのでしょうが、橋を中心として門を強調する形の二つのゲート型のビルが神道を象徴するようですし、一方では自由の女神や東京タワー、レインボーブリッジを中心とするGHQからのアメリカフリーメイスンリー、フランスフリーメイスンリーの象徴となり、様々に想像されます。途中にはアルゼのピラミッドにフェニックスと言ったシンボリズムのパチンコメーカーがあります。ラテン十字に対応する一端に東京ビッグサイトの四つの逆ピラミッドの形が見えてきます。墨田区の区章を意識するような逆ピラミッドとなっていますが、場所は江東区になるようです。江東区になると亀の子印となります。建物の印象としては逆ピラミッドと寺の山門の形でしょうか。いずれにしても門の形を意識したものなのでしょうが、逆ピラミッドと寺の山門で仏教やカトリックを象徴する形となるのではないでしょうか。若干床がモザイク模様となっています。
IMG_1771.jpgIMG_1772.jpgIMG_1773.jpgIMG_1774.jpgIMG_1775.jpgIMG_1776.jpg
さらに行くと有明の駅の下から仏塔としての東京スカイツリーが認められます。こうして写真で見るとどうもイギリスのストーンヘンジを思わせる形ですね。日本の神道もこのシンボルを見るとローマの凱旋門の様な門というよりもストーンヘンジの巨石文明から繋がるような太陽信仰のアニミズムに近いものの印象が浮かびます。自然というものがより近い存在である時代の信仰というものがやはり当てはまるのかと思いました。有明のラテン十字側にアニヴェルセル 東京ベイという教会をシンボルに持つ結婚式場があります。広場をスクエアと表現していたり、∧や∨を名前に入れていてシンボルを表現しています。教会の上にはケルト十字か長老派教会十字を表現しています。特にホームページはどこの会派かはのっていません。恐らくケルト十字ではないでしょうが、ケルト十字だとストーンヘンジもあるのかもしれませんが、恐らく長老派教会十字、カルバン派プロテスタントのキリスト教なのだと思います。
IMG_1777.jpgIMG_1778.jpgIMG_1779.jpgIMG_1780.jpgIMG_1781.jpg
色々シンボルが表現されているようですがやはり横浜のみなとみらい地区と同じく様々な思惑が絡んで工事中となっていたりして人の流れはいまいちの状況のようです。日本の中心の現在進行中の開発地域でありフリーメイスンリーのシンボルと絡めると、日本グランドロッジの昨今の状況や東京のロッジの状況など様々に反映したようなシンボルとなっているのではないかと思われました。
最後の写真は銀座・新橋周辺の地図で、実はシンボルを含んでいます。ΧΡの歩道橋が新橋にもあるようなのです。恐らく鉄道の始点として最初の日本の鉄道敷設の文明の記念としてΧΡのシンボルがあるのではないかと思われました。東京のシンボリズムは様々に関連の友愛団体や宗教団体の関係が絡み合っていると想像され人の多さや地価を含めた商業価値の高さなどから様々に複雑な要素が複雑なまま表現されている東京らしさを感じるものかと思われました。



関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/163-9d6c12e0