2021-09-18 08:37 | カテゴリ:本について
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
多分UGLEによるFreemasonry Todayが出るまではフリーメイスンリー関連の雑誌では世界中で最も有名で唯一のものだったと思いますが、House of The Templeが発行するScottish Rite JournalがWebで読めるようになりましたのでリンクします。
https://pubs.royle.com/publication/?m=22869&i=717437&p=1&ver=html5
まあなかなか日本でのスコティッシュライトというとアメリカ軍のブラザーマッカーサーの影響などで、アメリカ軍人主体の歴史があり、東京タワーの下の東京メソニックセンターもそんな感じで、日本人だと陰謀論や上位階級といったイメージになりがちですが、フリーメイスンリーを正しく理解していれば、付帯組織、フリーメイスンリーの派生であり、基本的にはいつでも誰にでも門戸は開かれるということになるわけで、秘密組織の回覧でも何でもないということでしょうか。
内容的にはこのブログでブラザーダン・ブラウンと何度も書いている、ダヴィンチコード、ロスト・シンボル作者のダン・ブラウンはフリーメイスンではないと書いてあって、まあそうなんだよねえという感じでしょうか。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/1639-cdaaa60b