2021-11-22 17:45 | カテゴリ:キリスト教
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
彼らは神の聖なる文書を棄て、幾何学を研究する。彼らは地から出て地について語るが、それは上から来られる方を知らないからである。彼らの間ではユークリッドが熱心に学ばれ、アリストテレスやテオフラストスが賞讃される。ガレンに至っては、おそらく、一部の者によって崇められてさえいる。

エウセビオス「教会史」
Euclid.jpgAristotle_Altemps_Inv8575.jpgTeofrasto_Orto_botanico_detail.jpg
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/1665-2d3fe5e3