2012-08-18 14:25 | カテゴリ:全国の市章
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
まあなかなかしょうも無いタイトルですが、手品の種明かしみたいなもんで、先に興味を引くためにシンボルに見える形のものを羅列したので、最後になればなるほどシンボルからは遠い形のものでありながらシンボルを意識しているか、それらから派生したものが残っていくのは当たり前なわけで。
一応多くの市章を見てその中からGに見えるまたはGの形に近くなる、円にただ切れ込みを入れてあるだけのものを機械的にシンボルと分類している訳で、なかなか単純にこういう機械的な作業ができるか否かがシンボリズムの理解と応用になるわけですが、そういう作業の全体を見せるというテーマになるかと思います。
まあなかなか市章の話はテーマが日本の民主主義という極めてややこしい話を伏線としていることから、シンボリズムとしては単純で、日本の市章にはフリーメイスンリーのシンボルが隠されているんだよなんて都市伝説の話で終われば単純なのですが、それが市の発展やらわが町から総理大臣が出るとか有力政治家が出るとかそういうのとフリーメイスンリーのシンボルが関係あるんじゃないかとかそういう話になるとややこしくなるのですが、そういうややこしい話を単純にしようというのがまたシンボリズムの話と言うものかもしれませんね。

というわけで役に立つのか立たないのか、それはあなた次第という訳で、有料化にもしないできない誰もお金は払わないという、まあまさにフリーメイスンリーのボランティアで成り立つブログの市章のテーマの残りです。
ふじみ野市ふじみ野市みどり市みどり市伊勢原市伊勢原市関市関市旧気仙沼市旧気仙沼市戸田市戸田市四条畷市四条畷市酒田市酒田市石岡市石岡市早良区早良区東村山市東村山市藤沢市藤沢市徳島県徳島県舞鶴市舞鶴市牧之原市牧野原市和歌山県和歌山県
まあなんか市章のGシリーズってのは相当に時間をかけて作ってるわけですが、想像したほどの影響はあまりないみたいですね。やっぱりテレビやなんかでもデザイン的に使いやすい白黒のモザイクの方がどうも使いやすいというのは圧倒的みたいですが、市章の世界では相当にGシリーズは年季が入った使いつくされた形のようです。まあGodとGeometryのGという事なのですが、色々加わってGnosisとかGeographyとかGravityというのもあって、Gravityなんてのはニュートンの大発見を象徴している事もあるのでしょうが、シンボルである垂直儀や水平儀にも錘があり、錘が正確に地球の重心を示すのは重力、すなわち万有引力の法則があるわけで、それはすなわち真理に通じるという、まあなかなかとにかく原点が間違いのない真実なのでそこからどう派生しても間違いはないという事になるのだと思いますが、いずれにしても間違いのない教えで間違いのない人間を育てるというのが一つのフリーメイスンリーの役割だと思いますので、後々にはそれらフリーメイスンリーの核心部分であるリチュアル、儀式での宣誓の文句についてもそれぞれわかる範囲で解説して皆様に披露していければと考えております。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/220-40972ccc