2012-08-21 08:42 | カテゴリ:全国の市章
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
さてまあかなり人気のない市章シリーズの残りですが、まあシンボリズムでも曖昧なものはいくらでもあり、特に日本の市章のようなものはそれを代表するものかと思われ、それがまたそういうあいまいな日本の民主主義や行政組織の実態を象徴しているという、厳密なシンボリズムを象徴する曖昧なものとなっているようなので、そのために分類していくとG丸に切れ込み型は大量に認められるのですが、どちらかと言えばAll Seeing Eyeとかどちらかと言えばアンクとか、どちらかと言えばピラミッドを含むとかそういう分類が実際に成立すると思われるという形になるかと思います。
キリスト教やユダヤ教の一神教は基本的に至高の存在、唯一の神の存在があり、その不完全な模造物として神の被造物としての人間やこの世の中があり、その考え方はまたプラトン哲学にあるイデア論などとともに、理神論としてネオプラトニズムとなりルネッサンス以降花開くわけですが、そういう理想の存在、至高の存在が確実に存在するというものが、これらシンボリズムでも究極の美として認識される形となり、それらがいわゆるフリーメイスンリーのシンボルとなっているというわけです。いわば数学でいうところの公式や定理、真理と言うわけで、様々な証明法があったとしても示される真実は皆同じであるというところもそういうフリーメイスンリーの考え方の一つの基本になっているものかと思います。それがまた様々な歴史的な逸話や例え話から道徳的な教訓を得てそれを繰り返して自らを道徳的な高みに導くというフリーメイスンの一般的な作業と言うところに還元されるのかと思います。

そういうわけでフリーメイスンリーのシンボルからいかにかけ離れようとも、それらが極めて曖昧にわかりにくく表現されているとしてもその一端をひもとき分解し関連を明示していくことは、いわゆる科学によって神の存在、この世の真理を証明する作業と同じくシンボリズムを正しく理解し活用していくために必要な作業になるのかと思います。

さて毎度毎度能書きが長くなりますが、それだけこれから示すシンボルのインパクトが薄いという事になるのかと思います。
綾部市綾部市羽咋市羽昨市浦安市浦安市塩竈市塩竈市我孫子市我孫子市鎌ヶ谷市鎌ヶ谷市館山市館山市岩出市岩出市熊本市熊本市江南市江南市高砂市高砂市高知県高知県高浜市高浜市鴻巣市鴻巣市国分寺市国分寺市阪南市阪南市三郷市三郷市鹿島市鹿島市宿毛市宿毛市須崎市須崎市石垣市石垣市石巻市石巻市筑紫野市筑紫野市鳥取市鳥取市鶴ヶ島市鶴ヶ島市都城市都城市都筑区都筑区東金市東金市日向市日向市白石市白石市八戸市八戸市武蔵野市武蔵野市福島県福島県平塚市平塚市鳴門市鳴門市
そういえば最近見なくなりましたが、効果があるのかないのか知りませんが鳥よけの目玉マークの風船というのがかつてそこらじゅうで見られる時がありましたが、どうもあれは鳥に向けたものではなく人間に向けたものであったのではないかと思われます。なかなかしょうも無い日本のフリーメイスンリーの実態と言ったところでしょうか。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/221-f1b425fa