2012-10-08 21:43 | カテゴリ:その他 雑記
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
さて山中伸弥氏のノーベル医学・生理学賞の受賞が決定した事に便乗した内容ですが、まあ実はこちらが主題かもしれないというフリーメイスンリーとノーベル賞との話題です。
ノーベル自身が国王自身が代々グランド・マスターというスウェーデン出身の人ですが、色々あったようですが最後までフリーメイスンにはならなかったようです。
(訂正2014/4/29:ブラザーアルフレッド・ノーベルの墓は以下のように明らかに立派なオベリスクとなっています。生前にはフリーメイスンではなかったのでしょうが、死後顕彰されてフリーメイスンと認められているようです。
nobelalfred.jpg
ノーベル財団は恐らくですがフリーメイスンリーの関連団体のような感じなのではないでしょうか。
まあそういう大胆な話はともかくとしてインターネットの検索で出てくる、世界のそれぞれのロッジのホームページで有名なフリーメイスンとして名前を挙げられているノーベル賞受賞者のフリーメイスンをここにまとめてみました。どうもfreemason nobel prizeで検索して最初に出てくるQ&Aの書き込みの、ミズーリリサーチロッジによると22人のノーベル賞受賞者が少なくともフリーメイスンであるというものを参考として、22人のフリーメイスンを挙げてみました。
内容は全てウィキペディアのコピペです。

ジャン・アンリ・デュナン(Jean Henri Dunant, 1828年5月8日 - 1910年10月30日)は、スイスの実業家である。赤十字社を創設し、1901年に第1回ノーベル平和賞を受賞した。
Jean_Henri_Dunant.jpg

エリー・デュコマン(Élie Ducommun, 1833年2月19日 - 1906年12月7日)は、スイスのジャーナリスト、平和活動家。1902年、シャルル・アルベール・ゴバと共にノーベル平和賞を受賞した。
Ducommun.jpg

ジョズエ・カルドゥッチ(Giosuè Carducci, 1835年7月27日、ヴァルディカステッロ - 1907年2月17日、ボローニャ)は、イタリアの詩人、古典文学者。元老院議員。1906年にノーベル文学賞を受賞した。
Giosuè_Carducci2

セオドア・「テディ」ルーズベルト(英: Theodore "Teddy" Roosevelt 1858年10月27日 - 1919年1月6日)は、アメリカ合衆国の第25代副大統領および第26代大統領。1905年には日露戦争で日本・ロシア間の調停をつとめ、停戦からポーツマス条約での和平交渉に尽力した。この和平交渉の斡旋によってルーズベルトは1906年ノーベル平和賞を受賞した。
776px-President_Theodore_Roosevelt,_1904

サンティアゴ・ラモン・イ・カハル (Santiago Ramón y Cajal, 1852年5月1日 - 1934年10月17日)はスペインの神経解剖学者(サンティアゴ・ラモニ・カハールとも)。1906年にゴルジと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
Cajal-mi.jpg

ジョゼフ・ラドヤード・キップリング(Joseph Rudyard Kipling, 1865年12月30日 - 1936年1月18日)は、イギリスの小説家、詩人で、イギリス統治下のインドを舞台にした作品、児童文学で知られる。ボンベイ(ムンバイ)生まれ。19世紀末から20世紀初頭のイギリスで最も人気のある作家の一人で、代表作に小説『ジャングル・ブック』『少年キム』、詩『マンダレー』など。「短編小説技巧の革新者」とみなされ、児童向け作品は古典として愛され続けており、作品は「多彩で光り輝く物語の贈り物」と言われる。1907年にノーベル文学賞を、41歳の史上最年少で、イギリス人としては最初に受賞。
Kiplingcropped.jpg

アルバート・エイブラハム・マイケルソン(Albert Abraham Michelson, 1852年12月19日 - 1931年5月9日)は、アメリカの物理学者。アメリカ海軍士官。光速度やエーテルについての研究を行った。1907年、光学に関する研究によってノーベル物理学賞を受賞した。これは科学部門における、アメリカ人初の受賞でもある。
Albert_Abraham_Michelson2.jpg

フリードリヒ・ヴィルヘルム・オストヴァルト(Friedrich Wilhelm Ostwald、ラトビア語: Vilhelms Ostvalds、1853年9月2日 – 1932年4月4日)はドイツ(バルト・ドイツ人)の化学者。オストワルトあるいはオストワルドとも呼ばれる。1909年、触媒作用・化学平衡・反応速度に関する業績が認められ、ノーベル化学賞を受賞した。
Wilhelm_Ostwald.jpg

アルフレート・フリート(Alfred Hermann Fried、1864年11月11日 - 1921年5月5日)は、オーストリアの法学者、平和主義者、ジャーナリスト。1911年にトビアス・アッセルとともにノーベル平和賞を受賞した。
Alfred_Hermann_Fried_nobel.jpg

アンリ=マリー・ラ・フォンテーヌ(Henri-Marie La Fontaine、1854年4月22日 - 1943年5月14日)は、ベルギー出身の国際弁護士。1907年から1943年まで常設国際平和局の事務局長を務めた。1913年にノーベル平和賞を受賞した。
HenriLaFontaine.jpg

シャルル・ロベール・リシェ(Charles Robert Richet、1850年8月26日-1935年12月4日)はフランスの生理学者。1913年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。アレルギー研究の父でもある。
Charles_Robert_Richet_5.jpg

レオン・ブルジョワ(Léon Victor Auguste Bourgeois, 1851年5月21日 - 1925年9月29日)はユダヤ系フランス人の政治家である。第一次世界大戦後は国際連盟の委員会の委員長を務めるなどして、1920年にノーベル平和賞を受賞した。
Bourgeoi.jpg

グスタフ・シュトレーゼマン(Gustav Stresemann、1878年5月10日 - 1929年10月3日)はドイツ・ヴァイマル共和政期の政治家である。1923年8月‐11月にドイツ首相を務める。外務大臣としても活躍し、1926年にフランス外相アリスティード・ブリアンと共にノーベル平和賞を受賞した。
Gustav_Stresemann.jpg

フランク・ビリングス・ケロッグ(Frank Billings Kellogg, 1856年12月22日 - 1937年12月21日)は、アメリカ合衆国の政治家で行政家。国務長官として彼は、1928年に調印されたケロッグ・ブリアン協定(パリ不戦条約)をフランスの外務大臣アリスティード・ブリアンと共に取りまとめた。1930-35年には国際司法裁判所に判事の1人としても係わっている。1929年ノーベル平和賞を受賞。
FrankKellogg.jpg

サー・フレデリック・ガウランド・ホプキンズ(Sir Frederick Gowland Hopkins, 1861年6月20日 - 1947年5月16日)は、イギリスの生化学者。メリット勲章勲爵士(OM)、王立協会フェロー(FRS)。1929年、ビタミンの発見の業績によりクリスティアーン・エイクマンと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。また、1901年にアミノ酸の一つであるトリプトファンを発見した。
Frederick_Gowland_Hopkins_nobel.jpg

カール・フォン・オシエツキー (Carl von Ossietzky、1889年10月3日 - 1938年5月4日)はドイツのジャーナリスト、平和運動家、1935年のノーベル平和賞受賞者。
Bundesarchiv_Bild_183-93516-0010,_Carl_von_Ossietzky

エンリコ・フェルミ(Enrico Fermi、1901年9月29日 – 1954年11月28日)は、イタリア、ローマ出身の物理学者。統計力学、核物理学および量子力学の分野で顕著な業績を残しており、放射性元素の発見で1938年のノーベル賞を受賞している。
826px-Enrico_Fermi_1943-49.jpg

サー・アレクサンダー・フレミング(Sir Alexander Fleming, 1881年8月6日 - 1955年3月11日)はイギリスの細菌学者である。抗菌物質リゾチーム(lysozyme)と、アオカビ(Penicillium notatum)から見出した世界初の抗生物質、ペニシリンの発見者として知られている。1945年にはフレミング、フローリーおよびチェーンはノーベル医学生理学賞を共同受賞することになった。
1310234-Sir_Alexander_Fleming.jpg


エドワード・アップルトン(Sir Edward Victor Appleton、 1892年9月6日 - 1965年4月21日)はイギリスの物理学者である。無線電波を反射する電離層までの距離をはかる実験に成功した。1947年のノーベル物理学賞の受賞者である。
Appleton.jpg

サー・ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル(Sir Winston Leonard Spencer-Churchill, 1874年11月30日 - 1965年1月24日)はイギリスの政治家。1940年から1945年にかけてイギリス戦時内閣の首相としてイギリス国民を指導し、第二次世界大戦を勝利に導く。大戦終結後に再び首相となる。「第二次世界大戦回顧録」を執筆し、1948年に1巻を出版し、以後1年ごとに一巻を上梓し、最後の一巻は首相就任のため出版が遅れたものの、1953年に第6巻を出して完結させた。この著書により、チャーチルは1953年にノーベル文学賞を受賞した。
Churchill_HU_90973.jpg

ジョージ・キャトレット・マーシャル(George Catlett Marshall, 1880年12月31日 - 1959年10月16日)はアメリカ合衆国の陸軍軍人、政治家。最終階級は元帥。第二次世界大戦中の陸軍参謀総長としてアメリカを勝利に導き、戦後はマーシャル・プランによってヨーロッパ復興を指導した。マーシャル・プランの立案・実行により、1953年にはノーベル平和賞を受賞。
George_Catlett_Marshall,_general_of_the_US_army

サルヴァトーレ・クァジモド(Salvatore Quasimodo, 1901年8月20日 - 1968年6月14日)はイタリアの作家。1959年にノーベル文学賞を受賞した。
Salvatore_Quasimodo_1959.jpg

とまあ文学賞や平和賞が多いのですが、物理学賞では光の速度の測定、医学生理学賞ではペニシリンの発見が白眉のようです。この他にも現在存命中の方や、イギリスの爵位を綬爵されている方や王立科学アカデミーの会員の方などでフリーメイスンと思われる方が多数いるようですが特に公表しない方針などがあるのかと思います。フランスやイタリア、スペインなどヨーロッパ大陸の方は大東社系のフリーメイスンリーとなるかと思います。アメリカの科学系の受賞者の方はほとんどが大学や研究所などでほぼフリーメイスンリーと何らかの関係があるかと思います。まあインターネットで検索して名前が挙がってくる方が上記のブラザーと言う事です。こういう有名人のフリーメイスンを列挙する事に意味があるのかという事もありますが、こういう事がフリーメイスンリーに興味を持つきっかけや、フリーメイスンリーの活動に関心を持つきっかけになる事もあるかと思いますので、良い事なのではないかと思っております。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/252-584901c4