動画とヘッダーのランダム表示を取り入れた事で、だいぶ華やかな感じとなったこのブログですが、それらの内容についての解説と影響の程を考えるとなかなかそうもいっていられなさそうな状況のようです。
日々テレビやラジオ、新聞などがメディアとして情報を流していますが、個人がフリーメイスンリーという世界的組織の紹介をボランティアで可能な限り偏見を取り除き、可能な限りわかりやすく、可能な限り深い部分まで行うというのはかなり困難な作業と考えられました。が、まあ相当程度行えた事もあるかと思います。
ではまあ動画の解説を加えていくわけですが、やはり英語や多くの外国語に直接触れて、見聞を広めるという事がフリーメイスンリーの基本にもあるかと思いますので、インターネットや直接海外へ行ったり、そういう機会を増やして様々な文化と触れ合って見識を広める作業を日々行うようにしてください。英語の動画はテレビでCMしている怪しげな通信販売の英会話教材よりはるかにためになる内容と思います。
第29階級聖アンドリューのスコットランド大騎士、神戸ゴルフ倶楽部の紹介で触れたと思います。そのうちスコットランドに訪問する機会もあるかもしれません。(11/12追記:削除しました。)
第30階級カドシュの(聖なる)騎士(11/12追記:削除しました。)
第31階級大審問長官(11/12追記:削除しました。)
第32階級王者の秘密の至高の王子(12/2追記:削除しました。)
第33階級最高大総監についてはありません。著者Henry Christian Clausenの経歴についてです。主にフリーメイスンリーでの経歴のようです。英語版ウィキペディアで項目があります。(12/2追記:削除しました。)
ブラザーアルバート・パイクに扮した男性がミズーリ州ミネアポリスのスコティッシュライトロッジで恐らくブラザーアルバート・パイクがかつて演説した内容を語っているようです。
二分割の二つめです。(11/12追記:削除しました。)
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/263-fe954605