2013-02-10 10:10 | カテゴリ:その他 雑記
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
ブログというものの定義や何かはそれぞれ異なるのかもしれませんし、あえてそれについてウィキペディアで調べたりする事も愚かしいと思うのがまあ普通のインターネットユーザーなのだと思います。
インターネットユーザーという言葉もあまり普通ではないと思いますが、かつてはネットユーザー、ネットサーファー、ネット閲覧者など様々な呼称で呼ばれ、いわゆる普通のメディアである新聞やテレビ、ラジオ、本以外の情報源を持つ新たな情報メディアの使い手という意味で区別されましたが現在はそういうものは無いようです。それはやはりスマートフォンの登場でいわゆる普通の人にインターネットが浸透した結果だと思うわけですが、その中で恐らく主要な役割を担ったのがブログであるかと思います。
インターネット黎明期にいわゆるHPと略されたホームページという自己紹介や趣味の紹介といったもののメリットがほとんど明らかにされなかったのはさておき、個人情報や無料で情報発信することの意義といったものを疑問視する中で一方ではマルチメディア、テレビとインターネットの融合、出版業界の衰退、新聞メディアのネット化など様々な社会変化が叫ばれましたが、現在それらの変化はほぼ終息の方向へ向かっているのかもしれません。
私も現在恐らく日本人に最も影響を与える内容のブログを進行中で、それぞれ内容について世界中のフリーメイスンや日本のロータリークラブやライオンズクラブ、フリーメイスンなどと様々に影響しあいながらなかなか現実に情報発信し続けることのむずかしさ、モチベーションを保つ事の様々な困難を強く自覚しているわけですが、その中でブログのアクセス数といったものはかなり直接的な評価といったもので、日本人に最も影響を与える内容の割には日に二桁くらいの数でなかなか現実は厳しいわけですが、まあその中にはグーグルクローラがあったりとインターネットの影響について実数を測る事の難しさはかつて2チャンネルで情報発信した時代の影響力を考える事と変わらずなかなか難しいわけですが、良く言われるテレビの視聴率や広告効果などと同じで、まあメディアというのが聖書の「最初に言葉ありき」と一緒で言葉の影響力というのは無限であるというのが一つの確固たるところだと思います。

まあ要するにブログのカウンターの話な訳です。
このブログの動向を激しくチェックしている方はおわかりだと思いますが、当初このブログはFC2ブログとアメーバブログの2本立てで進行し、途中でアメーバブログのみとして再びFC2ブログへと引っ越しをした経緯があります。それぞれテンプレートの変更したり、画像が大きいものが載せられるなど理由はあったのですが、まあ内容が内容であるだけに途中で不測の事態が起こり得るという警戒感からそういう変則的な事になったわけですが、まあ現在アメリカに基本的にサーバーがあって規制やルールについても基本的にアメリカ国内の状況が適応されるFC2ブログがブログ業界の中でもトップの状況で維持されているそのままであるようで、そこでいかにもフリーメイスンリーというテンプレートやユーチューブの動画を利用して継続しているわけですが、まああまりにカウンターの数字は貧相で、影響は無限大といってもなんとかもう少しいわゆる視聴者を増やしたいという事を思うわけでして、現在私の利用しているインターネットアクセスでは基本的に2ちゃんねるで宣伝する事もアクセス規制を適応されていて、単純にブログアクセスを増加させる手段が無い事もあり、ブログのコピーを各ブログサイトに置いて全体の視聴者数を増加させようと試み、再びアメーバブログ、ライブドアブログ、ヤフーブログ、gooブログにこれまでのこのブログの内容のコピーを置くこととしました。

以上非常に読みづらい長文で申し訳ありませんが以下のブログにコピーを置きました。
http://blog.livedoor.jp/japanesefreemasonry/
http://ameblo.jp/japanesefreemasonry/
http://blogs.yahoo.co.jp/kosuzumekyoku
http://blog.goo.ne.jp/japanesefreemasonry
まだアメーバとヤフーについては移転作業が終わっていないようですが、まあNTT系のgooとかつてのライブドア騒動で名を馳せたライブドアが最も移転がスムーズでライブドアに至っては画像のコピーも全て行ってくれるというまあなんというかそのままというか、各社の経営の姿勢がそのまま表れているという感じではないでしょうか。各社ともアクセス数やアクセス解析がそれなりについているのですが、gooはどうも移転してすぐにFC2よりも何倍も多いアクセス数が表示されて、どうもかつてのHP時代のカウンターのような体質がそのまま残った感じのようでしかもアクセス解析に月500円かかるなどまさに個人情報に価値を置くという社の姿勢がそのまま表れ、ライブドアの方はほぼFC2と同じ姿勢というまさに経営がそのまま見える感じで、まあ面白い感じでしょうか。その他に楽天も開設を検討したのですがインポート、エクスポートとも不可能で、主に商品紹介のアフィリエイト関連のブログしか勧めていないようで、まあ2ちゃんねるなどの動向も含めてインターネットも面白い時代になったようです。

まあしかしフリーメイスンリー関連の書籍も大分購入したわけですが、ほとんどの内容についてインターネットと比較してそこまでの価値は無いという内容がほとんどな訳で、日本の出版業界についてもデフレは今後さらに進行せざるを得ないのではないかと思われます。円安とも相まって物の価値というものについて様々に考えさせられるきっかけともなるのがこういったフリーメイスンリーのブログではないでしょうか。
(2013/10/27追記:FC2ブログ以外のコピーしたブログはすべて削除しました。)
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/360-987f0c7f