2013-06-04 21:13 | カテゴリ:スコットランド
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
過去の2回目、3回目のプログラムもネット上にありました。今回のものもホームページに当たれば見られるかと思います。今回のものについてはアブストラクトが配布されましたのでそれについては書き写してコメントしていければと思います。一応個人名は全て伏せていくこととします。動画で撮れたものについてはその部分だけアップしますが、それ以降の音声で記録したものについてはちょっと転載が厳しそうです。また転載したとしてもあまり聞き取れる形にならないかもしれません。

それではプログラムの後援や会の目的について書き写していきます。全体発表の発表者については個別に人物紹介がされているので転載していこうかと思っています。

4th INTERNATIONAL CONFERENCE ON THE HISTORY OF FREEMASONRY
FREEMASONS' HALL, 96 GEORGE STREET, EDINBURGH, SCOTLAND
24 MAY-26 MAY 2013
第4回フリーメイスンリー歴史国際学会
フリーメイスンホール スコットランド エジンバラ ジョージ通り96番地
2013年5月24日~26日

Held under the Patronage of:-- Grand Master Mason

-- The Sovereign Grand Commander of The Supreme Council for Scotland of the Ancient and Accepted Scottish Rite

-- The Deputy Grand Master and Governor of the Royal Order of Scotland

with the special Patronage of: IIth Earl of Elgin and 15th Earl of Kincardine, KT

and with the support of:--(please access www.ichfonline.org)

後援 --グランドマスターメイスン
    --古代認証スコティッシュライト位階最高会議のスコットランドのソヴリングランドコマンダー
    --スコットランドのロイヤルオーダーの代理グランドマスターおよび長官
特別後援 第11代エルジン伯爵、第15代キンカーダイン伯爵、騎士
--の後援による(www.ichfonline.orgにアクセスしてください。)

STATEMENT OF PURPOSE

By holding a biennial conference open to the public, the main purpose of the ICHF is:
*to promote Freemasonry as a subject for academic study.
*to present and debate relevant contributions in this area of research.
*to create a forum for interactions between researchers, experts and a wider audience.
*to encourage individuals to take an interest and participate in an active exchange of knowledge in the area.

会議の趣旨

二年に一度の一般公開された会議を開くことに当たって、ICHFの主要な目的は:
*学術研究の対象としてのフリーメイスンリーを促進する。
*発表して議論する事でこの分野の研究に関して貢献する。
*研究者、専門家や幅広い聴衆の間での相互の交流のための空間を作る。
*個々人がこの分野での活発な知識のやり取りに参加する機会を得たり、興味をもつように動機づける。

The ICHF is a non-profit making, privately owned event and brand, sponsored by Supersonic Events Ltd. with no formal affiliation to any masonic or academic body. On each occasion a leading academic is appointed to convene a specialist committee responsible for the selection of suitable presentations. Any surplus generated by the ICHF will go to support young researchers and academics pursuing research in the topic.

ICHFは非営利目的で、私的なイベントであり、商標であり、スーパーソニックイベント株式会社の提供によっていて、いかなるフリーメイスンリー団体や学術団体とも正式な提携をしていません。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/452-e1f22480