2014-03-19 16:56 | カテゴリ:本について
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
THE
CONSTITUTION,
History, Laws, Charges, Orders,
Regulations, and Usages,
OF THE
Right Worshipful FRATERNITY
OF ACCEPTED
Free-Masons;
                                                          Collected from their general RECORDS, and
                                                                their faithful TRADITIONS of many
                                                                                    Ages.
TO BE READ
At the Admission of a NEW BROTHER, when
the Master or Warden shall begin, or order some other
                                                                             Brother to read as folllows:

認証されたフリーメイスンによる真正なる尊崇すべき友愛結社の
憲章、歴史、法律、法規、体制、規則、慣行;
多年に渡る一般的な記録や正確な伝統から集められた。
新しい兄弟が入会した際には、親方か監督官が読み始めるか、誰か他の兄弟に下記について読み始めるよう指示された時に読まれるべきである。

ADAM, our first Parent, created after the Image of God, the great Architect of the Universe, must have had the Liberal Sciences, particularly Geometry, written on his Heart; for even since the Fall, we find the Principles of it in the Hearts of his Offspring, and which, in process of time, have been drawn forth into a convenient Method of Propositions, by observing the Laws of Proportion taken from Mechanism : So that as the Mechanical Arts gave Occasion to the Learned to reduce the Elements of Geometry into Method, this noble Science thus reduc'd, is the Foundation of all those Arts, (particularly of Masonry and Architecture) and the Rule by which they are conducted and perform'd.
我々の最初の先祖、世界の偉大なる創造主である神の似姿から作られた人であるアダムは自由科学の習得者であったに違いなく、特に幾何学は彼の心の中心に刻まれていたに違いなく、楽園追放の時以来、我々は彼の子孫の心の中心にその原理を認め、それは時代の流れとともに、物事の仕組みから適切な配分の法則を観察する事によって、命題の適切な方法へ引き出されるようになっていった。そうして機械的な技術は幾何学の原理を方法とするための学習に取って代わられ、この高等な科学はゆえに全てのそれら特に石工技術と建築学の技術と、彼らによって指揮され行われた法律の基礎となされた。
Year of the World I. 4003 before Christ
世界の第一年、紀元前4003年
 No doubt Adam taught his Sons Geometry, and the use of it, in the several Arts and Crafts convenient, at least for those early Times ; for CAIN, we find, built a City, which he call'd CONSECRATED, or DEDICATED, after the Name of his eldest Son ENOCH ; and becoming the Prince of the one Half of Mankind, his Posterity would imitate his royal Example in improving both the noble Science and the useful Art.*
アダムが彼の息子たちに幾何学を教えた事は疑いなく、その使い方も教え、それには様々な技術や便利な技能があった。少なくともそれらの最初期にはカインには都市建築を教え、奉献または捧げられたと称された都市を建築し、彼の長子である人類の半分の祖先となったエノクの名の後に、彼の子孫は彼の神聖なる手本を模範として、高等な科学と実用的な技術を共に進歩させていった。
*As other Arts were also improved by them, viz. working in Metal by TUBAL CAIN, Music by JUBAL, Pastorage and TentMaking by JABAL, which last is good Architecture.
その他の技術についてはすなわち金属加工はトゥバルカインによって、音楽はジュバルによって、牧羊と天幕造りはジャバルによって改良され、継続されたものは良好な建築術である。
 Nor can we suppose that SETH was less instructed, who being the Prince of the other Half of Mankind, and also the prime Cultivator of Astronomy, would take equal care to teach Geometry and Masonry to his Offspring, who had also the mighty Advantage of Adam's living among them.+
人類のもう半分の祖先であるセトがそれらを教わっていないとは考えられないが、彼はまた天文学の最初の修得者であり、アダムが存命中の彼らのうちのもっとも優れていたのがセトであり、彼の子孫に幾何学と石工術を均等の配分で教えた。
+For by some Vestiges of Antiquity we find one of 'em, Godly ENOCH (who dy'd not, but was translated alive to Heaven) prophecying of the final Conflagration at the Day of Judgment (as St. Jude tells us) and likewise of the General Deluge for the Punishment of the World : Upon which he erected his two large Pillars, (tho' some ascribe them to Seth) the one of Stone, and the other of Brick, whereon were engraven the Liberal Sciences, &c. And that the Stone Pillar remain'd in Syria until the Days of Vespasian the Emperor.
考古物のいくつかの足跡から世界の天罰としての大洪水のような最後の審判の日の劫火を予言した(聖タダイが伝えたように)彼らのうちの信心深いエノク(彼は死なず、天国で生まれ変わった。)を認めることができる。彼は二本の大きな列柱を建築し(それらはセトによって作られたとも幾人かは記している。)、それらは一つは石造で、もう一方は煉瓦作りで、それらの表面には自由科学などについて装飾されていた。そしてその石造の列柱についてはシリアにウェスパシアヌス帝の時代まで残っていた。
But without regarding uncertain Accounts, we may safely conclude the old World, that lasted 1656 Years, could not be ignorant of Masonry ; and that both the Families of Seth and Cain erected many curious Works, until at length NOAH, the ninth from Seth, was commanded and directed of God to build the great Ark, which, tho' of Wood, was certainly fabricated by Geometry, and according to the Rules of Masonry.
不確実な要素を考慮しないようにしても、1656年間続いた旧世界は石工術を無視してはあり得なかったと間違いなく言うことができるであろう。セトとカインの家族たちは共に数多くの興味深い作品を、セトから9代後のノアの時代まで残し、ノアは神によって箱舟を作るよう指示され指導され、それは木造であり、幾何学と石工術の技術に従ってまさに建築されたものであった。

 NOAH, and his three Sons, JAPHET, SHEM, and HAM, all Masons true, brought with them over the Flood the Traditions and Arts of the Ante-deluvians, and amply communicated them to their growing Offspring ; for about 101 Years after the Flood we find a vast Number of 'em, if not the whole Race of Noah, in the Vale of Shinar, employ'd in building a City and large Tower, in order to make to themselves a Name, and to prevent their Dispersion.
ノアと彼の3人の息子たち、ヤペテ、セム、ハムはすべて石工であり、大洪水以前の伝統や技術を洪水後にも彼らとともに引き連れ、十分にそれらを彼らの成長した子孫たちに伝達した。洪水後およそ101年余りの期間の後にもそれらの数多くを認めることができ、ノアのすべての子孫ではないが、シャイナーの谷において、町と巨大な塔を建築するために雇われて、自ら自身に名前をつけようとして、彼らの離散を防ごうとしたのであった。
Anno Mundi 1757. 2247. Ante Chr.
創造後1757年、紀元前2247年
And tho' they carry'd on the Work to a monstrous Height, and by their Vanity provok'd God to confound their Devices, by confounding their Speech, which occasion'd their Dispersion ; yet their Skill in Masonry is not the less to be celebrated, having spent above 53 Years in that prodigious Work, and upon their Dispersion carry'd the mighty Knowledge with them into distant Parts, where they found the good Use of it in the Settlement of their Kingdoms, Commonwealths, and Dynasties.
そして彼らは恐るべき高さの建造物を建築したが、彼らの虚栄心ゆえに神は彼らの考案物を呪い、彼らの言葉を混乱させて、彼らの離散を引き起こした。しかしながら彼らの石工術における技術は少しも賞賛が減じることはなく、その巨大な建築の仕事の53年の後に、離散によって偉大な知恵は彼らとともに遠方まで伝えられ、彼らの王国や、共和国、王朝が植民して定住する際のよい知恵として利用された。
A. M. 1810. 2194. Ante Chr.
創造後1810年、紀元前2194年
And tho' afterwards it was lost in most Parts of the Earth, it was especially preserv'd in Shinar and Assyria, where NIMROD,* the Founder of that Monarchy, after the Dispersion, built many splendid Cities, as Ereck, Accad, and Calneh, in SHINAR ; from whence afterwards he went forth into ASSYRIA, and built Nineveh, Rehoboth, Caleh, and Rhesin.
そして結局その偉大な知恵は地上の大部分では失われてしまったとしても、とくにそれはシャイナーやアッシリアで保存され、その地で君主制を確立したニムロドは離散後に多くの見事な都市を建設し、シャイナーではエレクや、アッカド、カルネーを作り、そこからさらに彼はアッシリアに行き、ニネベとレホボス、カレ、レーシンを建築した。
 *NIMROD, which signifies a Rebel, was the Name given him by the holy Family, and by Moses ; but among his Friends in Chaldea, his proper Name was BELUS, which signifies LORD, and afterwards was worshipped as a God by many Nations, under the Name of Bel or Baal, and became the Baccus of the Ancients, or Bar Chus, the Son of CHUS.
ニムロドは反逆者を意味し、聖なる家族と、モーゼによって与えられた名であり、カルデアでの彼の友達の間では彼の本当の名前はベルスであり、その意味は神であり、それは多くの国で神として尊崇されてきた名前であり、ベルやバールの名前を元とし、古代の神のバッカス、クシュの子供からバークスとなったものの由来である。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/466-b6868a4c