2013-06-25 14:53 | カテゴリ:その他 雑記
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
フリーメイスンリーのシンボルが入った時計はフリーメイスンリーの時計マニアのコレクションアイテムなわけですが、私もかなり持っているのですが、どうもその中でも今後プレミアが付きそうな腕時計が新しくできたようです。
Barclay1.jpg
Barclay Watch Companyのものなのですが、ホームページはこちらです。このホームページからは直接はオーダーできないようです。基本的にアメリカ国内向けであって日本には送れないとのことでした。しかし恐らくそれほど注文が入らなかったせいなのでしょうか、全く同じ2500本限定の時計がFreemason Storeのこちらのサイトでは日本から注文可能のようです。約35000円となかなか高価ですがフリーメイスンであれば欲しくなる逸品なのではないでしょうか。ちなみにこの形はアメリカのフリーメイスンリー博物館では必ず見られるDudleyのMasonic Watchという有名な懐中時計の裏側の図案を模しています。
DudleyPW2.jpgDudleyNo1PW3.jpg
Dudley Masonic WatchについてはPhoenixmasonryに詳しい解説があるのでそれを参照してください。エリザベス一世の愛妾がロバート・ダドリー、レスター伯であったかと思います。最初にこの時計を作成したブラザーダドリーの会社は破産しているそうです。その後同様のモデルが別の会社からSeries 2, 3と出されており、それぞれ製造時期に応じたシリアル番号があります。市場価格は大体20万円から30万円ほどですが、日本でこれをもっている人はほとんどいないかと思われます。

まあなかなかこういうフリーメイスンリーのグッズ販売は昔から跳梁跋扈の魑魅魍魎の世界のようですが、単なるアンティークにとらわれないフリーメイスンリーの世界のかなり重要な一部として体験されると面白いかもしれません。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/467-9f5b0df4