2013-11-24 10:53 | カテゴリ:スコットランド
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
Far East Lodge No.1のホームページにあるROBERT BURNS AND ADAM SMITH BY BRO. KOICHI TERASAWA Junior Warden, Square & Compass Lodge No. 3の邦訳です。それほど難しい用語や表現は無いので簡単に読めると思いますが、やはり日本語だと分かりやすいかと思います。

ロバート・バーンズとアダム・スミス ブラザー寺澤廣一 副監督官 スクエアコンパスロッジNo.3

ロバート・バーンズは1759年生まれで、エアシャーの吟遊詩人とか、スコットランドの最愛の息子、また時にはスコットランドの国民的吟遊詩人と呼ばれたりしている人物ですが、また同時に彼が1796年の6月21日に37歳で死ぬまで彼の人生の15年間に渡ってフリーメイスンとして活動していたことも良く知られています。

一方でアダム・スミスは1723年の6月5日にエディンバラの15㎞北にあるカークカルディーで生まれた(受洗した)とされ、67歳で1790年6月17日にエディンバラで亡くなりました。彼もまたスコットランドの有名な道徳哲学者であり、また政治経済学者の先駆けであり、1759年の「道徳情操論」と1776年のレッセ・フェーレ(自由放任主義)に基づく見えざる神の手の言葉の「国富論」の二冊の有名な著作があります。
burns-01.jpg
彼ら偉大な優れた二人のスコットランド人は同じ18世紀の後半の時代を生きました。バーンズが1786年に27歳の時に最初の彼の詩集である「おもにスコットランド方言による詩集(キルマーノック版)」を出版した時には、スミスは二冊の著作ですでに名声を得ており、スコットランドの税関局長のポストを約束されており、「エディンバラ王立協会」の創立メンバーの一人であり、エディンバラに母親とともに住んでいました。バーンズとスミスには何かつながりがあったのでしょうか。確かにありました。アダム・スミスはバーンズと直接会う機会が無かったのですが、彼が詩人として成功するのに重要であり必須な存在でした。

ロバート・バーンズは1759年の1月25日にスコットランド、グラスゴーの南西50㎞にある、エアシャー地方のエアの南にあるアロウェイの借地農家のウィリアム・バーンズの長男として生まれました。彼には3人の妹たちと3人の弟たちがいて、10代の間は彼の家族とともに農家としてすごしました。彼は1781年7月4日にターボルトンのセントデヴィッドロッジにブラザージョン・ランケンの紹介でフリーメイスンリーに入会し、そこで1781年10月1日に第二階級、第三階級となりました。ターボルトンのセントデヴィッドロッジは彼が入会した直後にターボルトン(キルウィニング)のセントジェームズNo.135ロッジに合併吸収し、彼はそこで1784年7月27日に彼がマスターメイスンとなって3年後に25歳で尊崇すべきマスターサー・ジョン・ホワイトフゥアドの元でロッジマスター代理に選出されました。彼はマスター代理として4年間1788年まで活動し、最高の指示でもって何度か顕彰されました。
burns-02.jpg
その時代には、ロッジマスターは単なる飾りであり、実際にはマスター代理がロッジの活動を取り仕切っていました。1784年のフリーメイスンリーの活動では彼は全てのロッジの会合に出席し、ロッジの活動に深く関わっていて、他のブラザーの第二階級や第三階級への昇級や通常のロッジの運営に関わる9回の会合に出席していました。

1785年の間にマスター代理として彼は彼の弟であるギルバート・バーンズを入会させて第二階級に昇級させ、1788年3月1日に彼は第三階級に昇級しています。彼はフリーメイスンリーに真に情熱を注いでいて、彼は真のフリーメイスンリーの友情はブラザー達の集まりの親密さを増し、ロッジルームから離れることは難しいと考え、数多くの会合が彼の指示の元に行われました。いくつかの記録によるとその他の時代のものよりもバーンズの時代のものが数多くの出席者が認められる会合が多かったとありました。彼は非常に人気があり非常に信頼されたエアシャー、ターボルトンのターボルトン(キルウィニング)セントジェームズロッジNo.135のマスター代理でした。

彼のフリーメイスンとしての最初のキルマーノック版の詩集「おもにスコットランド方言による詩集」が出版されたのは1786年の4月16日で彼がフリーメイスンリーに入会して5年後で彼がロッジのマスター代理であった時でした。620部が彼の最初のキルマーノック版では出版され、567部がエアシャーのフリーメイスン達に予約注文され、そのうち145部がロバート・アイケンという法律家、ガヴィン・ハミルトンという法律家が40部、ハミルトンの親戚のジョン・ケネディが20部、ハミルトンの友達のジョン・ローガンとデヴィッド・マクウィニーにそれぞれ20部ずつ、ロバート・ミュールが72部、ジョン・ウィルソンが70部、ターボルトン(キルウィニング)セントジェームズNo.135ロッジのマスターであるサージョン・フィットフールドが35部、その他のロッジのメンバーが75部、そしてギルバート・バーンズが70部注文し、彼の詩人としての才能の評価はフリーメイスンリーの友愛結社の繋がりを通してエディンバラを駆けめぐりました。バーンズは50ポンドをエディンバラへの出発前に印税として受け取りました。

バーンズの詩人としての人気はスコットランドでのフリーメイスンリーでの彼の昇進を助けました。1787年のエディンバラのセントアンドリューロッジNo.48の会合でスコットランドグランドロッジのグランドマスターが出席した際に、最も尊崇すべき兄弟フランシス・チャタリスグランドマスターによって乾杯されました。彼がエディンバラのロッジに迎えられたとき、彼の職業は詩人として記録されました。1787年初頭、彼はエディンバラのフリーメイスンリーの友愛組織によって祝宴を開かれました。バーンズの人生のエディンバラの時期にはバーンズの詩人としてのさらなる出版はエディンバラのフリーメイスン達による出資によるものが運命付けられており、それで彼の名声がスコットランド全体に広まり、次にはイングランドでさらに海外に広まることが確実なものとみなされました。

それでアダム・スミスとロバート・バーンズの関係はどんなものだったのでしょうか。彼についての通常の伝記では彼は既にスミスのグラスゴー大学での講義の「道徳情操論」を24歳になる前には読んでいて、恐らくそれは最も確実なのは17歳の時であって、彼はこの本から非常な影響を受けたと言っていました。彼は熱烈なアダム・スミスの崇拝者でした。バーンズが1786年の12月に初めてエディンバラに来た際には、スミスは既に政治経済学者の草分けとして有名であり、彼は「オイスタークラブ」という名のエディンバラの何人かの名士と共にきちんとした昼食会クラブを主宰していました。ほとんど全てのオイスタークラブの主要な会員がフリーメイスンであり、彼らはバーンズをフリーメイスンの友愛をもって支援しました。ジョン・マッケンジー、ベイシル・ウィリアム・ダグラス・ハミルトン(デール卿)、アダム・ファーグソン(エディンバラ大学教授)、ウィリアム・ロバートソン(エディンバラ大学学長、教授)、彼らは全てフリーメイスンであり、主要なオイスタークラブの活動会員であり、バーンズの「おもにスコットランド方言による詩集」(エディンバラ版と呼ばれている)の第二版の出版を支援しました。

スコットランドの有名な詩人であり作家でありフリーメイスンでもある、バーンズを敬愛するサーウォルター・スコット(1771‐1832)がバーンズと1788年にファーグソン教授の客間で彼が17歳の時に面会したというエピソードがあり、これはスコットがファーグソン教授の息子と級友で親しい友達であったからでした。
burns-03.jpg
アダム・スミス自身はそれらオイスタークラブの会員の活動には巻き込まれておらず、スミスは既にバーンズの才能について初版から知っており、エディンバラ版の「おもにスコットランド方言による詩集」の予約をしており、バーンズは強く彼に会いたがっていました。バーンズのスミスと面会したいという希望について考える際に、バーンズとスミスの間を取り持ったひとりの重要な女性、フランセス・アナ・ウォレス・ダンロップ夫人という女性がいます。彼らはキルマーノック版の詩集が出版されたのちの1786年には文通を始めていて、彼女はバーンズの支援者となっていました。彼女は1787年3月の手紙の中でバーンズにスミスと面会するよう助言していましたが、スミスは既にエディンバラを離れてロンドンに胃の治療のために移っており、バーンズは唯一の機会を逃してその後も二度と彼と会う事はありませんでした。

アダム・スミスの存在抜きにはロバート・バーンズの詩人としての成功はありえず、エアシャーの吟遊詩人やスコットランドの最愛の息子となる事は無かったでしょう。

アダム・スミスはフリーメイスンだったのでしょうか。彼のフリーメイスンとしての記録は確認されません。彼が1790年6月17日に67歳で亡くなった後にある理由で彼の個人的な私生活に関わるすべての書類と遺物は焼かれてしまい、またエディンバラ管区の中では彼がフリーメイスンであったという記録はロッジでは認められませんでした。それで恐らく彼はフリーメイスンではありません。例え彼の人生がフリーメイスンの人生そのものだったとしてもです。

1776年の「国富論」の出版後より、彼はスコットランド政府に表彰されて年600ポンドの生涯年金を受けていて、スコットランド税関局長としての給料と本の印税を含めて年収は900ポンドになっていました。この収入はその当時の通常の大学教授の収入の3倍から4倍のものでした。彼は結婚しておらずエディンバラで母親と同居して簡素な暮らしをしていました。彼の死後、彼は年収の9割を匿名でフィランソロフィーの慈善活動に寄付していた事が寄付された側により明らかにされました。彼はさらに有望な芸術家やオイスタークラブの奨学金受給者の研究者を支援していました。彼の人生は兄弟愛、救済、真実の信条に貫かれたまさにフリーメイスンのものと同じものでした。

18世紀の後半はヨーロッパの政治状況は混乱を極めていて、アメリカ独立戦争(1775-1783)、フランス革命(1789-1799)、英仏戦争(1793)などがあり、バーンズやスミスを含む知的階層の多くの人々はそれらの劇的な社会情勢にある程度巻き込まれていました。面白いことにそれらの知的階層の人々は興味の対象の分野が例えば詩や経済、政治、哲学、医学、法律など異なっていても、何らかの相互扶助の友愛団体の関係に結ばれていました。実際にアダム・スミスは高名なフリーメイスンであるベンジャミン・フランクリン(1706‐1790)やトーマス・ジェファーソンやその他のアメリカやフランスの指導者たちと繋がりをもっており、彼は非常に興味深いその時代のヨーロッパの学者であると同時にフリーメイスンと繋がりをもった、フリーメイスンになる可能性をもった人物でありました。

最後になぜロバート・バーンズはフリーメイスンとなり彼はフリーメイスンとしての人生をどのように過ごしたのでしょうか。

18世紀の後半は啓蒙の世紀でありまたアメリカ独立戦争やフランス革命などで混乱の時代でありました。ロバート・バーンズは詩人としてイギリスロマン主義の黎明期の詩人として非常に興味深い人生を過ごしました。

この時代には啓蒙運動はヨーロッパの国々を駆けめぐりました。例えばフランスではこの活動はフランス王ルイ16世による旧体制からの自由の獲得として政治活動となりましたが、イギリスよりは知識の普及という点に重きをおいたものでありました。これらは各国の状況の違いによるものでありました。

バーンズが詩人として世に現れたとき、彼は非常に貧しい農民の詩人としてなんら教育された背景を持たないというものでありました。確かに彼は非常に貧しかったのですが彼は大学を卒業していなくとも沢山の本を読んでいてそれらを完璧に理解していて、非常に多くの知識を持っていました。彼は既にアダム・スミスの「道徳情操論」を恐らく17歳頃に読んでいました。彼はまたジャン・ジャック・ルソー(1712‐1778)によって1754年に出版された「人間不平等起源論」を読んでいて大いに影響されていました。彼はそういった本を読みながら、農民として働く合間に詩を作り、さらに農民の仲間ができるだけ多くの本を読むように助けました。彼がフリーメイスンとなって7年後の1788年9月に「モンクランド友愛結社」を自営農家であったロバート・リデルと結成し、移動図書館の仕組みを発展させて地方でも農民が本を読めるようにして、彼はそれら下層階級の人々が啓蒙される事は社会にとっても個人としても重要であると考えていました。彼の啓蒙活動は彼個人のためではなく、彼の同胞たちのためでもあり、フランス革命で歴史的に背景となった自由・平等・博愛の精神に貫かれたフリーメイスンリーの精神によるものでありました。

一方で18世紀のその時代にはスコットランドとイングランドは政治的には一つのイギリスとして統合されていましたが、感情的な敵対心はまだ存在し、一つに精神的に団結するというところには至っていませんでした。バーンズは彼の詩を通して兄弟愛の精神に基づいて二つの国が団結するように促すよう唱えました。彼の慈善精神は十代に育まれ、彼の性格は自然とフリーメイスンリーへの道を導きました。フリーメイスンリー組織は当初は彼の詩作よりも彼の精神を大いに受け入れ、後に彼らは彼の非常な詩作の才能を知るようになり彼を支援するようになったのです。

ロバート・バーンズが偉大な抒情詩人であることは間違いありませんが、彼の初期の作品、キルマーノック版やエディンバラ版ではいわゆる抒情詩はわずか1割しかありません。彼は600以上の詩を37歳で死ぬまでのわずかな間に作っていますが、多くの彼の詩は人間の権利の重要性や平等の原則、慈善や兄弟愛についてで占められています。いくつかの詩では奴隷の解放についてや男女の平等性について触れられています。
burns-04.jpg
彼の姿勢の典型的な例はは1794年の6月25日に書かれた「ワシントン将軍の誕生日に寄せて」というジョージ・ワシントンの誕生日に彼を賞讃する詩に認められます。これは政治的な詩で彼のフランス革命の精神に対する同情の気持ちを示していて、イギリスにおける自由の抑圧を深く悲しむとともにワシントンが自由を勝ち取るために尽力していることを賞讃しています。

また1838年のエディンバラのチャンバース版として出された際にバーンズの死後40年たって初めて出された「自由の木」というフランス革命を賞讃した詩があります。それは彼の死から時間を経て発見され、彼の自筆では無かったため、それが彼の真作であるかどうかで激しい議論が続けられていて、現在も未だに議論のあるものです。トーマス・クロフォードらによる熱心な研究の結果として1960年にはそれが彼の真作であると知られるようになり、それからバーンズ全集に含まれるようになりました。その詩は1793年か1794年に書かれたものとされ、その間彼はいかなる政治的な詩も発表してはいけないとされていた時期で、それは彼の慈善と人間性の基本的な精神を示しています。

ロバート・バーンズは人間性と慈善に満ちた人物であり、彼の強い神への信仰と彼自身の考えと慈善の精神に基づいた自然な結果としてフリーメイスンとなりました。彼は600以上の詩を彼がフリーメイスンである15年間に作り、1796年の7月21日ににスコットランドのダムフライズで37年の生涯を終えました。

参考文献

岡地嶺 ロバート・バーンズ―人・思想・時代開文社 1989年
難波利夫 詩人ロバート・バーンズ伝 (1977年)東洋出版 1977年
ロバート・バーンズ研究会ロバート・バーンズ詩集国文社 2002年(2009年の新しいものをすでに挙げています。)
ジェームズ・ギブソン・ロックハートLife of Robert Burns Vol. I & II, published by Henry Young and Sons, Ltd. in 1914(アマゾンのものとは編が異なります。)
Web Site of Lodge Tarbolton (Kilwinning) St. James No. 135 (http://www.thefreemasons.org.uk/tarbolton135/)
ジェームズ・ギブソン・ロックハート、佐藤猛郎ウォルター・スコット伝彩流社
この記事は著者であるブラザー寺澤廣一の許可により再掲されています。
(翻訳については特に確認はとっていません。)

どうでしょうか。フリーメイスンによるフリーメイスンリーの歴史の細かい研究の成果を感じられる内容かと思います。ブラザー寺澤廣一氏については直接会ったことはありませんが、研究者としての専門は特にフリーメイスンリーの歴史についてではないそうですが、私の前にフリーメイスンリー歴史学会に参加されていたようです。フリーメイスンリーの歴史については深沢克己という方が著作を出されていて、この方はフリーメイスンかどうかは分かりませんがいくつか著作があるので読んだら触れていこうと思っています。このブログのブラザーロバート・バーンズの著作や周辺の記事と共に読むとさらにより深いフランス革命、アメリカ独立戦争、スコットランド啓蒙運動、フリーメイスンリー、スコットランドについて知識を深める事ができるのでは無いでしょうか。最後に挙げられたブラザーワシントンへ捧げる詩と自由の木の詩についても訳など出来ましたら記事としたいかと思っています。なかなか翻訳も大変ですが、有益な外国の情報をそのまま伝えるには最も良い手段であるかと思われます。現在ブラザーダン・ブラウンの新作「インフェルノ」の翻訳出版を待っているところですが、期待して待っているところです。
このブログではアンダーソン憲章とモラルアンドドグマを翻訳できればと考えています。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/501-c72aeb7b