2015-03-04 20:26 | カテゴリ:イングランド
ジャンル:ニュース テーマ:フリーメイスンリー
まあ色々あってのイングランドネタです。
ヴォーン・ウィリアムズという作曲家を知っている人は少ないかと思いますが、イングランドの作曲家としては有名だそうです。
その代表作で「揚げ雲雀」という作品があります。

まあこれが相変わらずの東京シンフォニアのイングリッシュセレナーデで演奏されたわけですが、まあUGLEの命題ともいえるセントポール大聖堂のフェニックスにかかってると個人的には思ったわけですが、まあロンドンシティーの象徴がドラゴンであったり東洋趣味が聖ゲオルグの伝統からも顕著であるフリーメイスンリーの総本山のUGLEではあるわけですが、その一押しの音楽がこのブラザーヴォーン・ウィリアムズのこの「揚げ雲雀」The Lark Ascendingということで、ご堪能いただければ幸いというところでしょうか。
非常に興味深いのがブラザーヴォーン・ウィリアムズのウィキペディアでもあるわけですが、妻の語る宗教感のエピソードなどがまさにフリーメイスンという感じで興味深いところでしょうか。
まあ私も初めてイングリッシュセレナーデで知った作曲家であったわけですが、ブラザーメンデルスゾーン、ブラザーモーツァルト、ブラザーシベリウスに続いて交響曲の心地よい作曲家として非常にイングランド押しの作曲家であるブラザーヴォーン・ウィリアムズがあるというところでまあなかなかやや強引なイングランドびいきの記事ではありますが記事とすることとします。
ちなみに日本がらみで面白かったのはやはり戦後の日本の象徴でもある美空ひばりの復活コンサートのフェニックスの衣装であり、これはやはり「揚げ雲雀」がセントポール大聖堂のフェニックスを焦点とした東と西の「愛燦燦」であるということなのだと思われます。

現在来日中のウィリアム王子と合わせて、william「意志を守る」という名誉革命のオランダ総督の名前に由来するフリーメイスンのヨゼフに続く有名な名前として、日本人にはビル・ゲイツ,William Gatesが有名ですが、こちらも札束と門という、スティーブ・ジョブズ 仕事という名前と一緒でまさに日本のバブル崩壊後のアメリカの象徴のような名前の方に共通するフリーメイスンでよく認める名前ということで、まあいずれブラザーウィリアム・ホガースの「美の解析」についてもこのブログで触れようと思っていますが、まあ色々公私にわたって忙しすぎるので今年のブログのペースはこんな感じにならざるを得ませんね。
(ちなみにこの記事も日本酒を3合ほど飲んだ勢いで書いていますのでフリーメイスンらしくはありますが文責はありません。)
(昭和の歌姫美空ひばりも命日が洗礼者ヨハネの日ということもあるそうで、滝頭の商店街もよく近くを通ったこともある場所ではありますが、平成の名宰相小泉純一郎の人生には間坂の場所ではあるところですが、このブログでもよく出す、三渓園、根岸森林公園の梅林の近くでもあります。要するに横浜ロッジの歴史の場所であります。)
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://freemasonry.jp/tb.php/622-0a97eb80